fc2ブログ

夢の美術館 世界の名建築100選

NHKBS2の午後1時からの表記番組を見た。全編8時間に及ぶ前半4時間、ぶっ通し4時間もTVを見るのは初めてじゃないだろうか。こんな題名の番組だったら建築に携わる者として見ないわけにはいかない。
古代の遺跡的な建物から近代まで幅広く紹介していたが、一つ一つはサラーっと流している感じでもう一つ突っ込みが欲しい気がしたけど、まあ時間の制約で沢山の建築を紹介するためには仕様がないね。
中には名建築だか謎建築だかわからないもの(以前このブログでもちょっと触れたシュバルの理想宮)も結構な時間を裂いて紹介していて、笑えたと言うか・・・のもあったけど。
それにしても人間の想像力や技術力ってすごいものだと感じた。今日のはほとんど相当過去のものだったが、現代では絶対出来ないものばかり。
番組で藤森照信さんも言っていたけど、名建築はその時代の盛り上がりが頂点に達した時にしか出来ない。その時代で何かが頂点に達した時にちょうど良く何かの才能も頂点に達するという幸運をものにしたものだけが創り得るものだろう。
現代日本建築では丹下健三さんの代々木体育館や東京カテドラルがそういう感じがする。安藤忠雄さんもそう言う意味で感じるものもあるが、どの作品かと考えてみるとあまりに造りすぎて突出したものが出てこない。住吉の長屋?・・六甲の集合住宅1がまあ・・かな。六甲の集合住宅2.3はあまり・・・光の教会も・・なんて見たこともなく、解りもしないで勝手な事を言ってますが、勝手ついで言うと、こうやって考えると安藤さんは未来に残る名建築は、もしかしたらないかもと思ったりしますね。
磯崎さん・・・? 伊東豊雄さん・・・その他たくさんのすばらしい建築家が日本にはいますが、この番組で紹介したような時代を象徴する名建築として後世に残る建築はと考えると、なかなかないですね。って偉そうに言える立場じゃないですね。

それにしても一緒に映る世界の街並が綺麗だった。特にフランスなど。気候が違うというものじゃなくて人の感性の問題のような気がした。日本人もかつては街並などに対してすばらしい感性を持っていたと思うが、今の日本の街並を見ると悲しくなる。

韓国の南大門が全焼したもようです。ライターや梯子が見つかったとのニュースもあり、放火でしょうか。だとしたら許せない事です。火事は地震や台風のような自然災害であることは少なく、人災である場合が多いと思います。火事は人の命や国の財産を奪います。一人一人が気をつけなければ。

コメント

非公開コメント