fc2ブログ

木工事はじまる

花岡平和記念館の木工事が始まりました。昨日から土台を敷いて、床組も進行しています。明日から柱を建てて行く予定です。

090616hanaokadodai01.jpg


床下はいまどきめずらしく防湿シートに砂抑えです。床束を受けるのは束石です。ちかごろは床下全面にコンクリートを打ち込むのがほとんどだと思いますが、あえて今回は古い方法で設計しました。一番の理由はコストです。60数坪の平屋の建物ですがこの床下全面にコンクリートを打設するとそれだけで100万円にもなってしまいます。ここでは今敷かれている大引の上に根太もなく直接3cm厚のスギの床材を張ります。これで相当なローコスト化が可能でした。でもなぜそれが可能化というと、この施設の使用環境にあります。おそらく冬はほとんど使われることはないだろうと思われ、断熱材もなしです。もし冬も使われ暖房をしなければならないとなると、床断熱(床下に断熱材をいれる)より基礎断熱(布基礎の回りに断熱材を貼付ける)のほうが、コスト的に有利になり、そうなると床下を密閉しなければならない → 床下全面コンクリートとなるわけです。

また、コンクリートは解体する時は相当エネルギーを使いますし、コストもかかってしまいます。この建物もいずれは解体の時がやって来ます。(できれば100年200年と後世にこの出来事を伝えて行ってほしいと願って設計したつもりですが)その時のことを考えても、やたらコンクリートの量は増やさない方が賢明であり、エコだと考えました。

コメント

非公開コメント

花岡平和記念館。。。

花子の住んでいるほんの近くに大きな立派な記念館が出来るとのこと・・・。
「花岡事件」といえば、皆さんわかるかな??
花子的にもあまり詳しくないですが、その事件のことを風化させない為、亡くなられた方々の為、追悼記念館を建てようというものらしいですが。
昨日、花岡温泉に行きがてら覗いて見ました。
工事もかなり進んでいたようで、早くの開館を期待するこのごろです。

秋田花子さん コメントありがとうございます。
この記念館が建つ近くにも、開館を期待されている方がいるということは心強く感じます。どちらかというと否定的な感情ばかりが聞かされていましたので。
完成は9月ごろの予定です。・・・>大きな立派な・・・期待を裏切るかも・・